目次お宝個人年金保険が老後生活を苦しめる!?老後の収入源公的年金にかかる税金個人年金にかかる税金お宝個人年金保険がもたらす負担増のリスク健康保険上の扶養から外れる所得税と住民税の発生配偶者控除が外れる老後の負担増のリスクを回避するためにお宝 個人の所得税の計算の際に受けられる控除になります。 税金はいくら安くなるのか? 自分の妻や夫が、ある条件を満たしていれば、最大38万円の控除が受けられます。. 妻が自分でかけていた生命保険会社の個人年金を受け取った場合、妻の税金・社会保険関係でどのような影響があるのでしょうか?私の認識は以下の通りです、過不足や誤りがあればご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。(下記以外 個人年金保険は、契約者と年金受取人の関係によって税金の種類が異なります。契約者と年金受取人が同じ場合は所得税、異なる場合は贈与税がかかります。かかる税金は自分でもある程度計算することができるので、老後の資産運用の参考にできます。 ただ、税金が38万円安くなるわけで … 【税理士ドットコム】60歳主婦(夫58歳、会社員)です。今年から厚生年金収入と個人年金収入があります。配偶者特別控除 社会保険家族であるためにはどの位のパート収入であればいいですか。個人年金の一時取得は50万まで特別控除があると聞きましたが、差し引いた額が収入になりますか。 その他(税金) - よろしくお願いいたします。 個人年金加入を検討しておりますが、国民年金と厚生年金と個人年金の年間受取額が100何万円か超えてしまうと扶養からはずされてしまうと聞いたのですが … 年金は、雑所得として所得税や住民税の課税対象となります。年金収入が400万円以下かつ一定の要件を満たす人は、確定申告を行う必要がありません。ただ、確定申告をすることで還付金を受け取れる場合もあります。 公的年金等控除は所得控除の一種です。控除額は他の所得控除項目より優遇されており、これがあるので年金の税金はかなり抑えられています。年金の税金の計算方法や年金受給者の確定申告不要制度についても分かりやすく解説しています。

「自分にかけた個人年金なのに確定申告をしないといけないの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、個人年金の確定申告に関して詳しくご紹介します。年金受取に関する税務についてしっかりと知識を得て、将来の不安を解消しましょう。 雑所得に対する課税は総合課税といって、冒頭のところで見た10種の所得を総合し、個人ごとの扶養状況や個々の事情に応じて所得控除を差し引いたあとの「課税所得金額」に課税される仕組みです。