まずは7:15 青梅でaさんと合流。 奥多摩の林道!ここは舗装ですので、ウォーミングアップにちょうどよかったかも。

林道終点まで残り300mぐらいのところにちょっとした野営スポットがありました。 やはり、未処理の焚き火跡があります。バイクなら2~3台でぐらいしかキャパはありません。 ここから更に道は荒れ、ガレ坂になります。 奥多摩、後山川へ。今回は車+クロスバイクで渓流釣りに出撃です。 後山川林道は、入口付近を除くほとんどの部分が車両通行止めです。 前回の釣行の際、林道を歩いて帰ってくるのが億劫で、今度は自転車を持ち込んでやろうと企んでいたのです。 国道の中では都内一の標高を誇る「風張峠」を有する奥多摩エリア(ここでは武蔵五日市駅〜三頭山周辺〜奥多摩町全域としている)。中距離でゆったりと豊かな参観風景を楽しむヒルクライムから、獲得標高2000mを超える本格ライドまで多彩に楽しめる。 楽しそうな林道をネット情報からピックアップし、舗装林道1、未舗装林道3をルートに組み込み、さあ出発 .
風張峠から奥多摩側へ下り、奥多摩湖畔のアップダウンを楽しんで武蔵五日市へ戻るコース。輪行の場合は、途中の奥多摩駅で帰ることもできます。 風張峠最高地点から湖畔の三頭橋までは約12kmの下りになり、週末はバイクが多いので注意しましょう。 今回紹介するのは、奥多摩にその名を轟かす坂、風張林道(標高1146m)である。風張峠は登りやすく初心者でも休みながら行けば登り切れる坂であるが、風張林道はそうはいかない。なにしろ私がロードバイクで最初に突入し、心折れたのが風張林道なのだから 奥多摩の湖畔道を走り、真っ赤な峰谷橋の手前を右折、途中、左に分かれるダート道が峰谷線です。谷沿いのじめじめとした道で約5kmで行き止まり。こちらも人気の林道で、たくさんのお仲間とすれ違いました。以上で本日の林道走行は終了。 風張林道にロードバイクで行ってきた様子についての記事です。都内の激坂として有名。Googleマップにすら載っていませんが、確かに舗装路があり、その先には山々を見下ろす絶景が待っていました。 奥多摩駅方面へ進みます。 大入林道の下りで難儀しましたから、吉野街道がもの凄く快適に感じます。気持ち良く走っていると、道端に看板が。 奥多摩渓谷… 奥多摩渓谷駅伝 12月… 奥多摩渓谷駅伝 12月4日 9:50-13:30 古里〜氷川 通行止め ・・・・・