まず、面接官が合格を決めた場合に取ることが多い言動をまとめました。 ・その場で面接日程の調整をした。 早速次の面接調整をするということは、まずその面接はクリアしたと考えても良いでしょう。 面接官を見れば分かる合格サイン(採用フラグ) 前回「面接官から読み取れる15の不採用サイン(不採用フラグ)」についてご紹介させていただきましたが、合格フラグが立った場合や最終面接で採用となった場合にも面接官の行動や仕草からサインを見分けることができます。 実は面接の結果は、合否連絡を待たずともある程度予測はできます。 結果の予測ができれば今後の転職活動のスケジュールも組みやすくなるので、抑えておいて損はありません。 では、面接の合格サインについて、いくつか紹介します。 メガネ転職コンサル こんにちは! メガネ転職コンサルの池田です。 今回は【面接中に分かる秘密の合格サイン・合格フラグ5選!】 というテーマでお話をしていきたいと思います。 面接を受けているときに 面接官からのサインは、あくまでも目安です。正式な選考結果の通知が来るまでは、採否はわかりません。面接の途中で「不採用かもしれない」と思っても、まだチャンスはあります。面接官の反応を見ながら、内定を獲得するためにアピールをしましょう。 転職面接の途中、終了時点でわかる合否のサイン、パターンについて解説します。結果を郵送される場合はどう?結果まで時間がかかっている場合は?雰囲気良く会話が弾んだのに不合格もある? 転職で面接官が出す合格サイン10個. 面接の合格サイン.