宇治部. 坂合部氏については、境界の画定に当たった部と、その伴造とする説が有力である。 『新撰姓氏録』「摂津国皇別」によると、坂合部氏は阿倍朝臣と同じく「大彦命之後也」とあり、「允恭天皇御世。 造立国境之標。因賜姓坂合部連」という氏族名の由来があげられている。 菟道稚郎子の御名代の部、すなわち菟道稚郎子の名を冠した朝廷直轄の部としては、宇治部(うじべ、宇遅部)が指摘される 。この宇治部の伴造氏族としては、宇治部氏(宇遅部氏、姓は連)が史書 … 武器に由来する漢字 道具に由来する漢字 氏のある漢字 紙2 氏4 低4 底4 民4 … 椋椅部(くらはしべ)荒虫が妻 宇遅部(うじ べ)黒女(くろめ) ... 万葉集も最後の巻、第20巻「防人歌 武蔵国」12首の中の一首です。 年代は8世紀の中頃に当たります。防人の制度は660年代に始まったようですが、この歌は天平勝宝7年(755 忌 (いん) 部 (べの) 首 (おびと) 子 (こ) 麻 (ま) 呂 (ろ) 神代を除いた日本書紀における、忌部氏の初見は645大化1年7月で、忌部 首 (おびと) 子麻 呂が神幣を課すために美濃国に遣わされたことです。(原文: 忌部首子麻呂、於美濃國、課供神之幣 )
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。 記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。 ( 2017年8月 ) 『新撰姓氏録』(しんせんしょうじろく)は、平安時代初期の815年(弘仁6年)に、嵯峨天皇の命により編纂された古代氏族名鑑。 さらにその下位にあり、部(べ)を直接に指揮する多くの伴(とも)をさす。首(おびと)、史(ふひと)、村主(すくり)、勝(すくり)などの姓(カバネ)を称した。 国造(くにのみやつこ) 代表的な地方豪族をさし、一面ではヤマト王権の地方官に組みこまれ、また在地の部民を率いる� 部 首: うじ: 音読み: し、じ(外)・呉音 し・漢音: 訓読み: うじ: 用例 : 氏名(しめい) 氏族(しぞく) 各氏(かくし) なかまのかんじ.