機内食とかでないので レガシーキャリアよりよく寝られますよ。 私が乗ったことのある長距離LCCは ジェットスターのオーストラリア便や エアアジアXのクアラルンプール便 とかです。 あと、スマホのkindle読み上げが 寝るのにおすすめです。

機内サービスや機内食 のために追加的に料金を支払わなくても我慢できるのは、 短距離までである。高密度座席配置は座席間のスペースが 狭まり快適性が損なわれるため、長時間フライトには適さ ず利用者にも好まれない。長距離では最大航続距離の関係

ただ、長距離便ともなると話は別です。 7~9時間もの間乗り続ける長距離便だと、lccのデメリットは非常に辛く感じると思います。 だからこそ、万全の準備をして乗るべきです! lcc長距離便に乗るなら持っていくべきアイテム5つ.

lccとはいえ、7〜10時間の長距離のため、普通の機内食っぽいものが出るのかなーっと思っていたので、まさかのお弁当スタイルにはびっくりしました。

ということで、本題です。