前回は、年金と雇用保険の失業給付が同時にもらえるかどうかについて解説しましたが、今回は、支給事由の違う年金同士は同時に貰うことができるかについて解説します。障害年金と遺族年金、障害年金と老齢年金、老齢年金と遺族年金について解説していきます。 厚生年金および国民年金: 障害厚生年金および障害基礎年金 : 0.73-0.73: 遺族厚生年金および遺族基礎年金-0.8-厚生年金: 障害厚生年金: 0.83-0.86: 遺族厚生年金-0.84-国民年金: 障害基礎年金: 0.88-0.88: 遺族基礎年金-0.88-例1. 障害年金は何歳までもらえるのですか【年金の常識9】 2019.10.22. 障害年金と国民年金の関係は? 国民年金保険料の支払いは? 通常、20歳から60歳までは国民年金に加入し保険料を支払う義務があります。 しかし、病気やケガが原因で障害年金を受給できるようになった場合は、国民年金の保険料は免除されます。 「障害年金」ってどんな制度? 「障害年金」は、大きな病気やケガのせいで日常生活や仕事に支障が出てしまったときでも、お金に困らず生活できるよう、国が用意している社会保障のひとつです。「年金」という名前が付いていますが、年齢の若い方でも一定の条件を満たせば利用できます。 障害年金がもらえなくなる場合を社会保険労務士が解説. 障害年金を受給している場合、国民年金の保険料は支払わないといけないのでしょうか?実は等級や経済状況によって支払いを免除してもらう事ができます。今回は国民年金保険料の関係や受けられる免除制度、メリット&デメリット等をご紹介します! 障害年金と遺族年金を同時に受給することはできるのでしょうか?年金事務所で相談することが一番良いのですが、ただ行っても理解しきれず間違った案内を受けた際に指摘できず不利益を被る場合もあります。今回は2つの年金制度と併給方法についてご説明します。 Q:障害厚生年金3級の裁定を受けて後、60才で、老齢年金を請求して受給が決定した場合、障害年金との関係はどうなるのでしょうか。65歳以降はどうなるのでしょうか。h18年春、法律改正等があった様に聞いています。また仮に、2級になった場合はどうなるのでしょうか?