AirMac・Time Capsuleの初期化方法(工場出荷時リセット) 投稿日 : 2016年9月13日 最終更新日時 : 2016年9月13日 投稿者 : RM カテゴリー : AirMac , iPhone / iPad AirMacベースステーションを本体リセットボタンやiPhoneで工場出荷状態に初期化する方法を記載します。

「もちろん、Time Capsuleでのファイル共有で「SMB」がオンになっていることが前提になりますが。」 AirMac Utilityでファイル共有にはチェックを入れていますが,「SMB」がオンとは,よくわかりません。 Windows 10 での設定を資料を参考にやってみました。 設定からTime Capsule機能を有効にしておけば、後は勝手にバックアップを取ってくれる仕組み。 バックグラウンドで少しずつバックアップをとるようになってるんですね。 まとめ. AirMac Time Capsuleがあれば、無線LANステーションもMacのバックアップも可能
Time CapsuleとAirMac Extremeの口は全部で4つ存在し、現行のAirMac Expressでは全部で2つ存在します。 Buffalo製ならば、全部で5つ存在するのが多いかと思います。(ブリッジとして設定した場合は5口がLAN側として機能します。 AirMac Time Capsuleを購入したのは2014年で、Time CapsuleのHDDを使用したのは1年ほどですがHDDが壊れてしまいました。 Time Capsuleのハードディスクの交換を記録しましたので、お役に立てればと思います。 AirMacを分解するために用意する物 Macの世界へようこそ。MacBook Pro、iMac Pro、MacBook Air、iMacなど、Macのラインナップを紹介します。製品の情報も、購入も、サポートも、すべてAppleのウェブサイトでどうぞ。 さて、PR-500KIにAirMac ExpressをLANケーブルでつなぐと、ルーターが2つになってしまいます。AirMacユーティリティーはとても親切で、このようにつなぐと下図のようにNATが二重になっていることを警告して教えてくれます。 AirMac Extreme 802.11acの本体にあるUSBポートは外付けハードディスクやUSBメモリを装着してNASとして動作させることができます。NASとして動作させることでネットワークディスクとして使うことができ様々なデバイスとファイルの共有をすることができます。 今更ながらAirMac Time Capsule 2TBを購入し設置しました!もちろん、最新型の縦長のやつです!今まではAirMac Extreme(2011)を利用してWestern DigitalのネットワークHDDを利用していたのですが、どうも接続性というか相性があまりよくなくHDDにアクセスできないこともしばしばありました。